So-net無料ブログ作成
デジモノ一般 ブログトップ

★ Windows Mobile 5.0搭載の携帯電話 [デジモノ一般]


昨日発表になったWindows Mobile 5.0。
なんでもデバイスメーカーや携帯電話事業者向けの
カスタマイズ性向上、Microsoft Officeとの連携強化が
主な変更点とか。

で、そのWindows Mobile 5.0搭載を表明している
携帯電話のひとつがこれ。

Samsung SGH-i300 Smartphone Will Run Windows Mobile 5.0
~Brighthand

これ実は3GBのハードディスクを内蔵していて
MP3、WMA、AAC、AAC+、OGG
といった形式の音楽ファイル再生に対応しているんだとか。
NokiaからもソフトウェアiPod搭載の携帯電話なんてのも
アナウンスされており、音楽プレーヤー付き携帯電話市場
というのがにわかに活気づいてきているのでしょうか。

しかし、携帯にもHDDの時代ですか。
やはりiPodの影響は大きいですね。
確かにMinSDとかに音楽ファイル入れてちまちまやるよりかは
HDDでドカンっとファイル送った方が便利でしょう。きっと。

ま、最近はデコーダの省電力化も進んでいるのでしょうけど
やはり、バッテリー持ちはちょっと心配。
いざ、電話しようとしたらかけられないんでは、しょうがないですし。

トライバンドということで、メインは北米市場向けなんでしょうが
スマートフォンが比較的普及している北米では
こういうのもありなんでしょうね。


★ スタパ齋藤さんのblog [デジモノ一般]

いつも「スタパトロニクス」などで楽しませていただいているスタバ齋藤さんがblogを始められたそうで。私もこの方に何度背中を押されそうになったことか。Web記事では扱われないようなニッチな話題が、いつものスタパ節なのか、素顔の齋藤さん風(どんなんか知らんけど)か、どうかわかりませんが、ま、楽しませてくれることでしょう。

スタパブログ
http://bb.watch.impress.co.jp/stapa_blog/


★ Canon Powershot SD200購入 [デジモノ一般]

結局、この週末に買ってしまいました。
ほんとは日本で買った方が安かったでしょうけど。。。
EXILIM EX-S100とさんざん悩みました。
確かにバッテリーの使い回し含めて、EXILIMの方が
コストパフォーマンス高かったのですが、
最終的にレンズの明るさという部分でCanonに決めました。

まあ、わかっていたことですが
EXILIM EX-M1との薄さ、重さの差は歴然。

ただ、暑いアリゾナでは一年のうちの大半は半袖なので
持ち運びはたいていポーチに入れてました。
だから、このPowershotでも、そう苦にならず
普段から持ち運びできるかな、と。

店頭で触ったときからそうでしたが
以前のCanonに比べれば。かなり動作速度は改善されました。
色はCanonらしい派手めの印象。
ちょっとやり過ぎというなら「すっきりカラー」の設定を選べば
まあ、見た目に近い印象になりますね。
電池、SDスロットのふたや端子カバーの耐久性(ゆるゆるにならないか)
にちょっと不安がありますが、全体にはバランスのとれた質感の高い
カメラだと思います。

SD200(IXY 40)との競合もありました。
せいぜいL版印刷程度の私としては、CCD感度や書き込み速度、
重量などを考えるとSD200でもよかったのですが
この部分は完全にデザイン優先。
私の場合はSD300のデザインの方が好みでしたね。

で、早速EX-M1ではできなかったマクロやズーミングをつかって試しとり。
庭のレモンの木を撮ってみました。

去年の暮ればっさりと剪定したため、実の出来は今ひとつですが
それでも結構な数がなっています。
今年は花の付きが多く、ハチがせっせと仕事をしていました。
ちょっと後ピンなのはご愛嬌(^^;)

これからいろいろ持ち出して楽しめそうな一台です。


★ Canon Powershot SD300 vs CASIO Exilim EX-S100 [デジモノ一般]

さて、いま常用コンパクトデジカメとして使っているExilim EX-M1ですが
パンフォーカスで軽快に撮れるのはよいものの、やはりマクロの不便さ
を考えるとそろそろ買い換えたい衝動にかられてしまう。

順当な線でいくとExilim EX-S100。
これ写真見た瞬間にクラクラ(◎_◎)きてしまいました。
なんか高級感あってよさそう~。
この薄さで2.8倍ズーム内臓。
まあ、この程度のズームではそれなりなんですが
それでもあった方がいい。
液晶も大きくて見やすそうだし。全体の質感もいい。
重さはさすがにM1に比べれば重いが、それでも十分軽量。
あと、シャッター一気押ししたときの「パンフォーカス機能」。
これだとM1と同じ感覚でも使える。
と、ここまではいいとこづくし。

ただ、やはり引っかかるのはあの透過性セラミックスレンズ。
確かにこのおかげでこの薄さが実現できているのだが
F値が広角側4.0、望遠側で6.6。かなり暗い。
こうなると室内フラッシュなし撮影ではシャッタースビートが
落ちてしまい結構ぶれちゃうかも。
結構フラッシュなしでとることが多いだけに気になる、気になる。

で、先日、近くの「Best Buy」に行ったときに見た
Canon Powershot SD300(日本でいうCanon IXY Digital 50)。
Canonもずいぶん薄くなりましたね。さすがにS100には及びませんが
まあ、普段持ち歩くには十分な大きさ。
で、これ起動とか撮影とか、なんか結構軽快。
これやっぱDIGICⅡのおかげなんだろうか。
とにかくいろいろ触っていてあんまストレス感じない。
なんかいい感じ。
あとうれしいのがファインダー。
普段使うことはあまりないんだけど、電池持たせたいときとか
液晶OFFで使えるのはありがたい。
あとレンズとの位置関係も悪くないので視差が少なくてよさそう。
このレンズが真ん中に近いところにあるのはひとつポイントかも。
S100の位置だとレンズがせり出すときに左手と干渉しそうな感じ
なんですよね。
もうCanon Powershot SD400
(日本でいうCanon IXY Digital 55)
の声も聞こえてますが、このSD300でS100との価格差店頭$50
ていうのを考えると、ここらあたりが妥当な線。

このまま順当にいくと、なんとなくCANONかなぁって感じなんですけど
ExilimファンとしてはS100も捨てがたい。
しばらくは悩ましい日々が続きそう。
でも、こうしているときがなんとなく楽しい、んですけどね。

とりあえずAmazonサービス対応記念ということでリンクしてみよう。

Canon IXY DIGITAL 50

Canon IXY DIGITAL 50

  • 出版社/メーカー: キヤノン
  • 発売日: 2004/10/08
  • メディア: エレクトロニクス


CASIO EXILIM CARD EX-S100 デジタルカメラ

CASIO EXILIM CARD EX-S100 デジタルカメラ

  • 出版社/メーカー: カシオ計算機
  • 発売日: 2004/09/25
  • メディア: エレクトロニクス


デジモノ一般 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。