So-net無料ブログ作成

★ 禁断のConferenceモード [Treo]

さて、電話としても普通ーに使えているTreo650
(使えないと困りますが)
ですが、以前のこの記事ではさらっと流した
 Conferenceボタン とか
 Swapボタン とか
どんな感じになるのか、とっても気になってまして。

かといって、同僚とかに電話して
「あ、ちょっと待って、今から別の人に繋ぎますから」
なんて話をしようもんなら、この人は一体何をしようとしているのか?
と、怪しまれるに違いない。。。

でも、試して見たい。。。

そこで。。。

とりあえず、Treo650から自宅に電話をかけてみる。

すかさず、自宅の電話をとると、
今度は自分の会社の電話をコールしてみる。
このときは、一度つながっている回線を「Hold」する。
そーするとこんな感じ



で、今度は「Add Call」でContacts(アドレス帳)を呼び出し
通常と同じように、番号を選択して通話ボタンを押すと


という風に聞かれる。

で、OK-!っとすると、最初にかけた自宅への回線を保留したまま
会社へのコールが始まる。で、会社の留守番電話が応答。

この状態で、すかさず「Conf」ボタンをタップすると
おー!!、見事、
Group Conferenceモード
に突入。


なんかパチンコの確変みたい。
要するに3者通話ってやつですね。

で、とりあえず、Treoでしゃべって、自宅の電話でしゃべって、と
両方から留守番電話にメッセージを入れてみる。
もちろん、その声はそれぞれの電話機(Treo)からもちゃんと
聞こえている。
で、再度留守録に電話して、再生してみると
んー、ちゃんと録音できてる。音質もほとんど同じ。
(Treoを通しているのであたりまえといえばあたりまえだけど)

ちなみに2回線接続の状態で「Swap」ボタンをタップすると
保留回線と接続回線が入れ替わるという寸法。

しかし、自宅の電話とTreoから留守録いれて喜んでる
この光景、どうみても怪しい。。。

よかった家族いなくて。

でも、Group Conferenceモードで再度Holdしたら
また、Add Callとかできるんだろうか?

なんて、またバカなこと考えてるー(@@)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。